おせち料理は買う時代

日本のお正月の風物詩といえばおせち料理です。

年末になると台所で母親や祖母と並んでせっせと作ったという方もいるかもしれません。

おせち情報探しに特化した総合サイトです。

そんな日本のお正月が、最近は昔と様子が異なっているようです。
お雑煮は変わらず自宅で作るという方も多いでしょう。


しかし、おせちは年々購入する家庭が増えています。
原因は様々なことが考えられます。
昔は複数世帯が共に暮らしていたり近くに住んでいて、年末には一緒に大掃除をしたりおせち作りに勤しんでいました。
現在は親世帯と子世帯が離れて暮らしていることも少なくありません。
帰省するのは大みそかと元日だけというケースも多いでしょう。

そうなると自然と人手が少なくなり、作る人の負担が大きくなります。


新年の始まりを迎える頃にはくたくた、なんてことではせっかくの新年も楽しめませんね。
そんな中、主婦の強い味方となったのが「買う」という選択肢です。
今は百貨店やスーパーをはじめ、コンビニでもおせちを購入することができます。



その種類もなんとも豊富で、昔ながらで縁起物もたっぷりの伝統的な内容のものはもちろん、お肉がふんだんに入った男性に嬉しいもの、ファミリーにありがたいお子様向けメニューのもの、デザートで埋めつくされたもの、なんとペット向けまであるというから驚きです。


想いのこもった手作りおせちに舌鼓を打つお正月はもちろん素敵です。

しかし、年末年始くらいゆっくり日頃の疲れを癒して、ゆったりと全員が笑顔で過ごすお正月も悪くありません。



忙しい現代の日本人にはありがたい、新しいスタイルがすでに浸透しつつあります。

おせちの意外な事実

おせちは日持ちを良くするために砂糖を多めに使用しており、しっかりとした味付けになっています。そのため3日ほどは冷蔵庫で保存し、おいしく食べることができますが、たとえ保存状態が良くても3日を過ぎると味に変化が生じます。...

more

おせち入門

年末から年明けに食べるものにおせちがあります。おせちはひらがなで表記されることが多いですが、漢字ではお節供と書きます。...

more

おせちについての考察

日本人はおせちと言うとお正月に家族や親戚、友人や親しい人、昨年度にお世話になった人たちと一緒におせちを作ったり、食べたりして楽しむことが一般的とされているかもしれません。ですが、意外と知られていないおせちの面白い豆知識を紹介します。...

more

おせちについて情報

おせちとは「御節」とも書き、季節の節目節目をお祝いする「節日」や「節句」に神様や仏様にお供えをするものがもともとの由来でした。主に月と日が重なる日を節句と呼び、2月2日の節分や5月5日の端午の節句などが今でも風習として受け継がれています。...

more
top