介護施設で働く、介護のスペシャリストについて

介護施設では、介護サービスを提供する職種以外にも、介護のスペシャリストと言うような人たちが働いています。

たとえばケアマネージャーです。ケアマネと呼ばれることもあるこの仕事は、要介護認定や要支援認定を受けた人に対して、介護計画書を作成する仕事です。介護計画書には、その人の状態や希望などを踏まえた上で、どんな介護施設を利用するのが望ましいかとか、そこでどのような介護サービスを受けるのが良いか、またどれくらいの頻度で受けるのが望ましいのかと言ったことなどがこと細かに記載されています。

介護施設の利用にあたっては、まず要介護認定、要支援認定を受けることが必要になります。そしてその後には、ケアマネにこの介護計画書を作成してもらうことが必要になるので、施設を利用する人であれば、一度はお世話になるスペシャリストだと言うことができます。

それから社会福祉士です。これはソーシャルワーカーと呼ばれることもある仕事で、介護を受けている人や、その家族からの相談を受け、それを解決するためのアドバイスなどを行う役割を担っています。介護保険制度や自治体への申請、補助金制度、また介護施設とのやり取りは、複雑な部分も多いため、素人では何から手を付けていいのかわからない、何をどうすれば良いのかわからないと言うことも少なくありません。

そうした際に社会福祉士を頼りにすると、具体的な方法を教えてもらうことができます。ケアマネも社会福祉士も、共に資格があります。ただ社会福祉士の業務に関しては、資格がなくても従事することは可能となっています。しかし資格を有していた方が、採用面や待遇面では優遇される傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *