介護施設の人手不足を解消するために必要なこととは

少子高齢化が進行し、今以上に介護を必要とする人の増加が見込まれている日本では、介護施設の不足は勿論ですが、そこで働く人の不足も深刻な問題となっています。

介護施設で働く人の不足、その原因としては、まずは賃金の安さが挙げられています。他の業種の平均賃金と比較してみても、介護業界の賃金は低い水準が続いています。ただ賃金が低いと言うだけではここまで深刻な人手不足にはつながらないはずで、ここには賃金の安さと労働の大変さが結びついていないと言う理由も存在しています。

仕事が大変でも賃金が高ければ、その逆で賃金が低くても仕事の内容がそれほど大変でなければ、辞めようと思う人は少ないはずです。しかし介護業界においては、そのどちらにも該当しない、仕事は大変だし賃金は安いと言う状況が続いているため、人手不足が続いていると言うことです。

介護施設での仕事は、施設の種類や受け入れている人の介護度にもよりますが、肉体的にも精神的にもハードであることも珍しくはありません。また夜勤や変則的なシフトでの勤務も多く、残業も多いので、その大変さを消化することもままならないと言うことも考えられます。

そして人手不足が続いているから、今いる人たちが頑張らざるを得ないと言う状況が生まれ、その結果、もう頑張ることができないとその人たちが辞めてしまい、ますます人手不足が進行すると言う悪循環が多くの介護施設では発生してしまっています。

こうした問題を解消するためには、介護施設で働く人たちの待遇を改善し、また働きやすい環境作りを整えることで、まずは人手を増やすことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *