介護施設で介護職員として働きたいと言う人への情報

介護施設で介護を提供する職員として働く人の数は、慢性的に不足状態にあります。

ですから、介護職員として働きたいと言う人は、とても歓迎される傾向にあります。介護施設で介護職員として働く際に有利になる資格は、いくつかあります。ですが人手不足や、現場でのキャリアアップも可能であるため、そうした資格を持っていなくても大歓迎と言う介護施設は少なくありません。

それでも資格を持っていた方が優位であることは確かですし、自分が本当に働くことができるかどうか、どんなことをするのかを事前に知っておきたいと言う人は、資格取得のための勉強をしておいた方が良いです。

介護職員としての資格、その基本になっているのが介護職員初任者研修と呼ばれる資格です。これは介護の世界の入り口に立った人が、基本的な技術や知識を獲得したことを証明する資格です。

その最大の特徴は、数ある介護資格の中でも比較的、取得がしやすいと言う点にあります。初任者研修の資格を取得するためには、130時間のカリキュラムを消化して、修了試験に合格することが必要です。修了試験は、学習したカリキュラムの中からしか出題されませんから、しっかりと講義に参加して、学習内容さえ把握していれば誰でも合格を目指すことができると言うことです。

研修自体は、日本全国の自治体や実際の介護施設などが主体となって数多く、開催されています。また通信教員によっても学習することが可能です。

通信教育の場合、自分のペースで学習を進めていくことも可能なので、とても短期間で取得を目指すことも可能です。介護施設などに通い講義を受けると言う場合は、だいたい3~4ヶ月のスケジュールが組まれていることが多いようです。介護についての学習を深めながら、同時に資格取得を目指すこともできるので、初任者研修はとてもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *