介護施設を利用しないと言う選択肢

介護が必要になった場合、必ずしも介護施設を利用しなければならないのかと言うと、決してそんなことはありません。

要介護度が低い場合や、その人が家族と同居していてある程度の支援を望むことができる場合などは、介護施設を利用しないと言う選択を取ることも可能です。介護施設は、確かに専門的な介護を受けることができ、また住まいの安全性にも配慮がされているので、安心して生活ができる場所と言えます。

同居している家族の介護負担軽減と言う部分に対しても、果たしている役割はとても大きいです。ですが反対に、その人が住み慣れてきた場所、自宅や地域を離れなくてはならないと言うデメリットがあります。住み慣れた場所を離れると言うのは、とてもストレスがかかることです。

また入居した介護施設に馴染むことができないままだと、介護度が進行してしまったり、その人の自主性や生きがいなどが低下してしまうことも考えられます。介護施設を利用しないと言う選択肢をとった場合、ですが家族などに介護負担が重くのしかかるのは避けたいことです。

このような場合、どうすれば良いのかと言うと、ひとつは訪問介護を利用すると言う方法が挙げられます。訪問介護であれば、1日の内、1時間だけでも必要なサービスの提供を受けると言う利用方法が可能なので、家族の介護負担軽減にもなります。

また一時的な施設を利用すると言うのも、ひとつの方法です。たとえば数日間だけ宿泊するショートステイを利用すれば、家族の介護負担軽減にもつながりますし、本人にかかるストレスも少ないもので済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *