保育施設の建築は周辺環境がポイントです

少子化が進む日本では、地域の子供の数は活力のバロメーターです。

教育環境が整っていれば子育て世代の人口が増えて将来も明るいですが、一方で子供の歓声も静寂な生活の妨げと感じる人もいるため、保育施設の建築の地域の理解と協力が不可欠です。保育施設が迷惑施設と思われてしまうことは悲しいことですが、そうならないためにも、建築計画が進んでいる段階では住民説明会を通じて理解を求めながら進むことが効果的です。

地域との対話を通じて、保育施設と地元住民との摩擦の原因が子供の歓声をうるさく感じるというよりも、お迎え時間帯の交通渋滞など、生活環境への不満だとわかることが少なくありません。お迎えの家族同士の情報交換の場として道路にはみ出て談笑したり、送迎のマイカーが路上駐車をすると、日常生活に直結するだけに不満が高じて相互不信につながってしまいます。そのため保育施設の建築に適している場所とは、施設自体の場所の確保は当然ですが、周辺道路の広さやアクセスなども確保すること、地元の住民説明会では交通の安全確保に配慮していることを伝えることもポイントになります。

送迎の家族による路上駐車や、道路へのはみだしを防止する協定の締結なども効果的です。保育施設の建築には行政への届け出が必要ですが、行政の許可を得るためには地域との対話が努力義務になっていることが一般的です。地域への通知と行政への届け出のタイミングが大きくずれることがないように、行政対応を始めたら早い段階で地域説明会を開催すると有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *