増える街での老人ホーム建築

老人ホームの建築に関する問題は全国で非常に多いです。

とくに新興住宅地やマンション建設が進むエリアでは様々な問題があるようです。老人ホームにまつわる問題は様々で、高齢者が集まる施設特融の問題があります。老人ホームには健康な高齢者ばかりではなく、病気を持つ人も多くおられます。近所に老人ホームがあれば、救急車の往来が多く、夜間や早朝に急病になる高齢者が救急搬送されることがあり、サイレンの音で眠れない、子供が寝付けないなどのクレームが出ます。

入所者の中には認知症の高齢者が居るケースもあり、小さな子供を持つ世帯が懸念を持つことや、高齢者高齢運転者が多いエリアでは、通園通学時の心配もあるようです。自宅近くに老人ホームの建築が計画されると地元の住民の反対が出ることがあります。その問題は高齢者のみではなく、建築により日照が遮られることや景観が遮られるなどの問題もあります。とくに、大きな立て物が自宅前に建つと洗濯物の乾きが悪くなり、カビの原因、プライバシーなどの問題を訴える人が多く、建築には十分な周辺エリアの理解が必要になります。

高齢者施設が郊外で出来るケースもありますが、交通アクセスが悪く、商店街や病院までの距離が遠いことに不便さがあり、街中や住宅地に建築されることが多くなりました。そのことが、住民とのトラブルを招いていますが、高齢者は若い世代より余裕の人が多く、街中の消費に繋がることで経済の活性化にもつながるという良い点もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *