老人ホーム建築は安全で快適が大切

老人ホームは日本全国にたくさんあり、どのホームも高齢化の影響を受けてだんだんと手狭になってきています。

なかには入所するのに何年も前から事前に予約しておかなければいけないほどです。では、新たに老人ホームを建築したいと思うならどんなことに気を付けるべきでしょうか。それは、安全第一です。どんなに豪華で立派な建物であったとしても安全でなければ意味がありません。例えば、みんなが集うホールやリビングは、車いすの方や杖を突いている方でもぶつかったりせずに問題なくゆっくりと歩行したり車いすが通行できるかを車いすを何台か使って確認しましょう。

また、手すりを取り付けることは不可欠ですがその手すりが握りにくい太さだったり、滑りやすい手すりだとしたら手すりの意味がありませんので、力の弱いご年配の方でもしっかり握れるような手すりをつかみやすい位置に設置する必要があります。さらに、老人ホーム内に階段を設けるのであれば、階段から落ちないように滑り止めを取り付けたり、緩やかな勾配にするべきです。さらに、快適さも大切です。老人ホーム全体が明るくて居心地がよく快適な空間になるために、自然の光が差し込むよう建物を建築しましょう。

壁紙も安全基準を満たした明るめの色を選ぶなら、明るい気持ちになります。豪華さよりも建築基準法をしっかり守るなら、ご年配の方やそのご家族にとって安心して余生を送ることができる老人ホームを建築することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *