離煙パイプはストレスを押さえて禁煙できる

タバコを吸う人は多くいますが、吸う事自体は健康に悪いと感じている場合が多いです。ただし口寂しさや手持ち無沙汰だったりと、様々な理由から吸っている事になります。ただし費用もかかり健康面を考慮するのであれば、やはりタバコをやめた方がよいに越したことはありません。ですがなかなか禁煙自体は難しく、やめたくてもやめられないと悩んでいる人がいるのも事実です。

実際に禁煙する方法にはいくつか種類がありますが、その中でストレスなく禁煙する方法の1つに離煙パイプの利用があります。離煙パイプの特徴としては、通常吸っているタバコに取り付けて使用する事が可能です。手間なども掛からず手軽に行う事ができるので、禁煙の方法自体が簡単というのもポイントとなっています。離煙パイプ自体は31本のセットになっており、数字が付いているので始めは1の数字から使用し始めます。

次の日になったら2の数字を使用するという形で、1ヶ月の間に1本ずつ使用している形が基本です。禁煙できない理由の1つとしてタバコのニコチン中毒となっているのが原因であり、ニコチンの摂取が無くなる事で中毒症状があらわれてタバコを吸ってしまう事が多いです。離煙パイプはパイプによってニコチンの摂取量が制限されており、日ごとに使用するパイプによって制限量が増えていきます。最終的に1ヶ月後のパイプは約90%以上のニコチンを制限されることで、自然とニコチンの摂取を抑える事が出来ます。

それにより気がつかないうちにタバコを身体が求めなくなるので、自然と禁煙する事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です