離煙パイプで禁煙できるポイント

禁煙したい人は多くいますが、タバコのニコチンには中毒性が高くなかなかやめるのが難しい事が多いです。禁煙グッズなども多く販売されていますが、それでも失敗してしまい止められずにいる人もいます。そんな禁煙グッズの1つとして離煙パイプがあり、これは他の禁煙グッズに比べると異なる特徴があるのがポイントの1つです。まずタバコを吸う事自体を止めないという点が大きな特徴であり、無理やりやめる事で強いストレスを感じる人もいます。

それとは異なりタバコ自体は吸う本数などにも制限はなく、今まで吸っていたタバコをそのまま吸ってよいという点が大きな特徴です。ただし吸っているタバコ部分に離煙パイプを装着して使用し、そのパイプを通してタバコを吸う形になります。このポイントですがタバコに依存してしまう理由としてニコチンがありますが、このニコチン自体を離煙パイプがフィルターとなって摂取量を抑えてくれるという特徴があります。パイプ自体は31本がセットになっており、1の数字から使用し始めて毎日パイプを変えていきます。

初めて使用を始めてから徐々にパイプはニコチンの摂取量の抑える量は増えていき、自然とタバコはすっていてもニコチンの摂取量だけはセーブされるというのがポイントの1つです。そのため身体に入るニコチンが抑えられる事で自然と中毒性も抑えられ、最終的には90%以上のニコチンを抑えた状態になります。結果として離煙パイプはニコチン依存症から、自然と解消されてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です