吸いながらタバコをやめられる離煙パイプ

タバコをやめようとして何度も頑張っても無理だったという人はたくさんおられます。それは意志が弱いのではなく、ニコチン中毒になっているので仕方がないという考え方もあります。辛い、苦しいのは嫌だ、でもタバコをやめたい、そういった方におすすめのものがあります。それは離煙パイプというもので、1から31枚で番号についたパイプが一箱に入って売られています。

それを今吸っているタバコに装着しながら1ヶ月間、タバコを吸い続けると自然と禁煙ができるというものです。なんだか怪しいように見えますが、本当にできるのです。どこの国のものかわからない、健康に悪いものが入っているのではないか、そのようなことを感じる人もおられるかもしれませんが、離煙パイプには日本製があります。特許取得しているので安心して1ヶ月間使ってみてください。

もちろんパイプには工夫がされていています。今吸っているタバコに1番から31番まで書いてあるパイプを毎日順番通りに使っていきます。その時、特許を取得した方法で3%ずつニコチンをカットしていきます。しかし本人にはそれに気づかないので、禁煙をしているという自覚がないままタバコを吸えるので苦しい思いをすることはありません。

そして31番目のパイプを使い終わった翌日には、タバコを吸いたいという気持ちがなくなっています。離煙パイプは、タバコをやめたいけど辛いのが嫌だ、過去に禁煙をしたけど駄目だったという人にオススメです。今吸っているタバコを吸い続けながら禁煙ができるという画期的な禁煙グッズです。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です