離煙パイプは禁煙外来よりも楽

本格的に禁煙を行う方法として、禁煙グッズを使用するよりも医療機関の禁煙外来に行くべきだという人は少なくありません。確かに禁煙外来は医師の指導の下に精神面での禁煙支援を受けられたり、ニコチンガムやニコチンパッチといったニコチン置き換えパッチを使用した医療方法がとられたり、バレニクリンといった日に小鎮静剤を用いて治療が行われます。一定の条件を満たすことができれば健康保険の保険適用となりますが、ニコチン置き換え療養法や非ニコチン製剤を使用するため持病や健康状態によっては受診出来ない場合も多いです。禁煙への意志が強くしっかり止めたいという人であれば、禁煙外来は便利ですが保険適用でも最低13、000~20、000円の費用が発生する上に、約8週間から12週間と長い間通う必要があります。

そこでもっと手軽に安く禁煙したいと言う方には、離煙パイプがおすすめで通院の必要がなく薬剤なども使用しないため誰でも気軽に始めることが可能です。必要期間は31日で保険適用とはなりませんが、価格は12、000円と禁煙外来に通うよりも短期間で安く行うことが出来ます。離煙パイプは普段吸っているタバコに、専用パイプを装着して毎日順番通りのパイプに付け替えするだけで、ニコチン量を3%ずつカットしていくことが可能です。そのため離脱症状に悩まずにしっかり禁煙することが出来るとして、禁煙外来でも採用される機会が増えています。

この誰でも気軽に始められる手軽さもあり、離煙パイプが禁煙外来よりも楽だと人気が高まっています。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です