他の禁煙方法と離煙パイプを比較

離煙パイプは、31本の異なる種類のパイプを持っているタバコに装着して、最終的にニコチン中毒を解消することを目的としています。パイプにはそれぞれ番号に応じた大きさの穴が開けられていて、その穴は番号が大きくなるに連れて小さくなっていきます。そうしてニコチンが少なくても耐えられる状態を作り出していきます。離煙パイプの他にも、禁煙のための方法は数多くあります。

代表的なのはニコチンをタバコとは別の方法で摂取するもので、ガムやパッチなど形は様々です。そんなニコチン補助アイテムはもちろん、タバコとは別の形でニコチンを摂取する形になるので、身体の不調を引き起こす恐れがあります。けれど離煙パイプは体内に入るタバコの煙を抑制して、代わりに空気を取り入れるだけという非常にシンプルな構造です。したがってニコチン不足による禁断症状くらいで済みます。

また医師のサポートを受けながらの禁煙という手もありますが、ガムのようにニコチンを摂取する方法が選択されることも多く、定期的な通院も欠かせません。さらに禁煙が成功するまで続けるとなれば、費用が高額になる恐れがあります。その点離煙パイプであれば、最初にひと通りのセットを購入するだけで済みます。13000円の中に必要な31本のパイプが全て含まれています。

その上パイプ自体は使い捨てではなく、洗浄することで使い回しが可能です。したがって万が一成功しなかったとしても、もう一度やり直せるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です