吸いながら禁煙、離煙パイプの使い方

離煙パイプは、禁煙グッズの一つでニコチンの摂取量を減らしていくことを目的としたものです。従来の禁煙療法では、ニコチンの含んだガムやパッチなどを使って、体内へのニコチン摂取量を減らすことが行われますが、離煙パイプも同様のコンセプトで行われるもので違いとしては、そのグッズにニコチンが含まれていないという点です。仕組みとしては吸っているタバコにフィルターを取り付けて日々の摂取量を少しずつ減少させていくというもので、離煙パイプでは31本の異なるフィルターパイプが用意され、これを順番通りに使っていくことによりニコチンへの依存度を減らしていきます。離煙パイプの使い方は、従来の喫煙習慣を変えずにフィルターパイプに取り付けて吸うというもので、順番通りに使用することによって日々が体内に入ってくるニコチンの摂取量を減らしていくというものです。

喫煙習慣を変えずに行うことができるのが大きな強みであり、またこのパイプは繰り返して使うこともできるので1週目で禁煙を達成することができなくても、2週目を行うことで高い確率で禁煙を達成することができます。順番通りに使用していくことで1日3%程度のニコチン摂取量の減少を行うことができ、これは依存によって発生するイライラが起こらないレベルですから無理なく続けることができる強みがありますし、薬剤なども一切使用されていませんから気兼ねなく行うことができるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です