高い成功率を誇る離煙パイプ

禁煙はとても難しいという認識を持つ人も多いのですが、離煙パイプならこれまでの常識を覆して、ストレスフリーな禁煙を実現できます。病院の禁煙外来でも使われているために安心感がとても大きく、使っている間は口寂しさを感じたり離脱症状が辛いと思うこともありません。吸いながら禁煙できるグッズは他にもありますが、常に一定の量をカットし続けているだけでは、それ以上のカット率になった時に辛い症状を感じることに変わりはありません。離煙パイプが優秀だとされているのは、体内の自然な変化によってタバコから離れられるからです。

1日あたりに進むニコチンのカット率は3%ということで、それほど大きな変化はなくスムーズに慣らせます。その小刻みの変化を繰り返すだけですが、最終的には大幅なカット率となっていて、ほとんどのニコチンがカットされている状態でも違和感を感じません。離煙パイプを使ったら禁煙が辛くなかったと感じる人が多いのは、我慢している感覚がないからです。非常によくできた仕組みになっていますが、途中でパイプをつけずにタバコを吸ってしまうと台無しですので、必ずその日のパイプをつけて吸うという決まりを守ることが大切です。

また順番を誤るとカット率が逆転してしまって違和感を感じることになりますので、順番通りに使用することも忘れてはいけません。既に禁煙グッズの世界標準になっていて、広い国や地域でベストセラーになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です