おせちについての豆知識

日本人はおせちと言うとお正月に家族や親戚、友人や親しい人、昨年度にお世話になった人たちと一緒におせちを作ったり、食べたりして楽しむことが一般的とされているかもしれません。
ですが、意外と知られていないおせちの面白い豆知識を紹介します。

おせちの人気度が上昇しています。

今ではお正月に食べられるものとして一般的だと紹介しましたが、その昔、おせちは五節句やお彼岸、冬至など季節の変わり目に食べられていたと言います。



なぜこの時期に食べられていたのでしょうか。


実はもともとは神様に食べ物をお供えして、自分や友人、家族、身の回りのお世話になっている人たちの健康などを祈るものでした。
おせち(御節)と言う名前がついたのも季節の変わり目に食べるものだからと言う意味です。


実は他にも面白い話が地方によって、いくつか存在します。新年に神様をお迎えするにあたって、正月に入ってから早々、1年の始まりだと言うのにもかかわらず、台所であわただしく動き回るのは失礼だからだと言うことや、いつも忙しく台所に立つお母さんや家事をする女の人などがこの期間だけは最低でも休めるようにと労いの意味を込めた保存食だと言う意味です。
また、今と違い食材に使う食材が簡単に手に入る時代ではなかった頃に年末年始に向けてここぞと言うときに家族や親戚総出で食材を集めてくると言う一大イベントだったと言う話もあります。



このようにお正月以外にも食べられていた、神様にお供えするものだった、一大イベントだったと言う話はどれも面白い話です。

top