おせちにはどのような意味がある

年末から年明けに食べるものにおせちがあります。
おせちはひらがなで表記されることが多いですが、漢字ではお節供と書きます。


もともと中国の唐の時代、特別な日を節と呼んでおり日本においてもその呼び名を継承し、現在に至ります。
さらに節日は神様にお供えする食べ物を節供と呼んでおり節日は全部で5日あります。

おせちを利用してみる価値はありますよ。

ですが、近年ではお正月に食するものをお節供と表現し、さらにお正月の料理だけをおせちと言うようになりました。


また神様にお供えするものであるため、中に入っている料理一つ一つにも意味があります。



おせちには五穀豊穣や子孫繁栄、無病息災を意味するものが入っており、さらに祝い肴三種があります。この祝い肴三種は完全を意味する三を取り入れており、関東では黒豆や数の子、ごまめが、関西では黒豆と数の子、たたきごぼうが該当します。
なお数の子は子孫繁栄を願う縁起物でもあり、子孫繁栄を願うものには数の子の他に昆布や八つ頭があります。
八つ頭は里芋の一種であり、親芋と子芋が分かれずつながっています。


お正月近くになると八つ頭が店頭に並ぶこともありますが、なかなか手に入らないものでもあるため通常の里芋で代用することも多いです。



昆布は語呂合わせが良いことからきており、よろこぶに通じることから養老昆布や子生と書くこともあります。
この昆布は地域によっておせちの中に入る形状が異なっており、にしんを巻いてあるもの、おでんの昆布のように結んであるものなど様々です。

top